チェック柄は縦の縞のコントラストを抑え、横の縞にメリハリをつけて、ニュアンスのある生地になっています。

中薄手の、さらりとした平織の生地で、適度な張り感が特徴です。

使い込み、お洗濯を重ねると、なんともいえない柔らかな風合いが生まれます。





この貫頭衣の生地には、フェアトレードNGO「MAHAGUTHI」の手織りコットンが使われています。

電力の少ないネパールでは、エネルギーの消費も少ない手織りが今も生産工程の主流となっています。

手織りの生地は、均一に織られる機械織りに比べ、織り傷や織りムラがどうしても生じてしまいますが、

手仕事の証としてご理解いただければと思います。

何とも言えない素朴な風合いと着心地のよさが魅力の、MAHAGUTHIの手織り生地をお楽しみ下さい。